なぜ写真を撮るのか?
c0031932_17442821.jpg

写真:2004年8月 台湾
カメラ:NIKON F80S + Nikkor 50mm f/1.4D 使用フィルム:FUJI NEOPAN400 PRESTO
-----------------------------------------------------------

なぜ、写真を撮るのだろう



先日、p_chanさんこと匠さんの記事を拝見しました。

記事の内容はこちら
【匠のデジタル専科・玄人工房】
【玄人専科】写真を撮る目的(その1)
【玄人専科】写真を撮る目的(その2)


なぜ写真を撮るのか。。
とても深く、素晴らしい内容に心から賛同した私。
その意味を込めてTBできる記事を、と思っていましたが、
なかなか記事が作れないで苦しむこと数日。。。

深い内容だけに
やっぱりこっちも簡単には記事ができるはずもないのだけど(^ ^;)







私はそもそもなんで写真を撮っているんだろう。
そんな根源的なことに立ち返ってみる

私が写真を撮り始めたのは、
「残したかったから」だ。

何を残したいか?
そんなの写真を趣味にしていない人だって記念写真ってかたちでやってるかもしれない

でも私が残したかったのは
きらきらと輝く水面や、
思わず微笑んでしまうような風景たち。。
自分が見た景色、風景、瞬間
心に深く残ったその瞬間を閉じ込めて残したくなった

でも撮り続けているうちに
最近では
「感情」を閉じ込めたいと考えるようになった。


「感情?? オカルトですか??」

いえいえ、そんな魔術のような神がかった話ではないのですけどね(笑)

要は、どのようなことを感じて撮ったのかを伝えたい、ということだ。
それは喜びだったのか、悲しみだったのか、
どう感動したのかも伝わるように撮りたいと考えるようになったということ。

そのためには見せ方も大切になってくるわけで。。
演出力というか撮る技術も大切になってくることにも気付いた。
でも拙い技術しか持たない私、これがなかなかできるわけもなく。。。
やり過ぎればわざとらしくなるし。。と、こうしてまた苦悶の日々を送っているわけであります。。


写真は「毎日毎日自分が生きた記録」だと匠さんは語る。。

私もそう思う。

そこには自分が見た事だけではなく
どんな風に感じたか、など感情の揺れ動きの記録という意味も含まれると思う。

以前、私の尊敬する写真の講師で写真家でもある方に
「写真には自分が写し出される」
ということを言われたことがあった。
その人の視点だけでなく、考え方や思想、はたまた人間性まで。。

気軽に作品づくりができてしまう写真、
でも、それにも関わらずそんなことまで透けて見えるんじゃあ
簡単には撮れないというか撮りたくはない。

もちろんみんなが「感性」って呼んでいる
「偶然」「なんとなくいい雰囲気」「なんとなく素敵」っていうのもありなんだと思う。
でも、私はもっとしっかりとした動機、
感情のもとから発したものを閉じ込めたいのだ。
一枚入魂。。(ちょっと大袈裟かな)


だから、撮る対象も変わってきた。
前は心が動いたシーンや風景を切り取ってきたけど

最近は、やっぱり
一番面白いと思うのは
「人」

もしくは

「人の気配を感じられる風景」

やっぱり私も人間だから
一番心が動かされるし、感情移入もしやすい。



じゃあ、なぜそんなことをするんだろう?
そこまでしておいて自己満足。。ってわけでもないだろう。。


やっぱり、人に見せたいってことが第一だと思う。


自己表現。。。?


でも「私という人間を知って!」というのとは違うような気がする。。


むしろ私が写真を通して
「あなたはどう思う?」と発した事へ
「こう、感じたよ」
ということを受け取りたいのだと思う。


人とコミュニケーションを取りたいのかもしれない

誰かと深いところまで掘り下げてコミュニケーションをとってみたい
これが私を突き動かす動機


人によってはそれは
絵を描くことだったり、
音楽を奏でることだったり、
さまざまな活動を通してだったりする

もちろん、話す事や書くことを通じてできたら一番早いかもしれないけど
私はそれがあまり上手じゃない。。

そんな私が選んだのが写真であったということ。
写真が一番性に合うのだ。


私の写真を通じてさまざまな感情の化学反応が起こったら面白いと思うのだ
もちろん、共感してもらえたらすごくうれしい。。
でも、私が意図するところと違う反応が返ってきてもうれしい。。


-------------------------------------------------

あわわわっ
写真展前だというのに(^ ^;)
だいぶ大風呂敷を広げてしまいました
希望だけ高くて、登る山の頂上はまだまだまったく見えておりません。。。(どうなることやらぁ〜)


そのためにはもっともっと
生き方も技術も磨かないといけないのでありました。。。


※匠さん、このたびは素敵な記事をありがとうございました。
渾沌としていた自分の写真に対する思いを確認することができました。。
[PR]
by lotta_ai | 2005-10-26 18:06 | 写真
<< 女の人って タイミング >>