ふるえるこころ
c0031932_16574993.jpg

撮影:Canon Powershot 80A
-------------------------------------------------------------

ありきたりの被写体だけど。。
ガーベラにはやっぱり力強い美しさを感じてしまう



人は美しいものにぐっと引き寄せられ、心を震わせるものですよね。


例えば、美しい花だとか
素晴らしい星空、
キラキラと輝く水面とか
他にもたくさんあると思います。

それは、人は美の中に神を見い出すからだと
誰かが言っていました。






私の場合は、
花などの美しいものにももちろん美しさを感じる反面、
朽ちて行くもの、錆びているものなどにも
ぐっとひきつけられて、心が震えてしまうのですが。。

私は、ここにも美を感じているのか?
はたまた神を見い出しているのか?

う〜ん、それともただのへそ曲がり??

しばらく考えてみたのですが、
美しいものを見た時と
寂れたものを見た時に抱く感情は
同じ感動でもほんのちょっと違うような気がしました。

寂れたものへは
ノスタルジーであったり、
その上を過ぎ去っていった時間へせつなさを感じてみたり。。

人は、美しいものだけでなく
自分の中に潜む感情に近いもの、
そこへ自分を投影できるものへもぐっと引き寄せられるものなのですよね


なんだか、最初の話からだいぶ逸れてしまいましたが(^ ^;)


みなさんはどんな物に美を感じたり
ぐっと引き寄せられてしまいますか?
[PR]
by lotta_ai | 2005-09-13 16:44 | 写真
<< 深夜零時 苦しくも楽しい日々の始まり >>